不貞行為:時効

af0060019988m婚約者が居る状態での浮気や、既に結婚している状態での不倫といった不貞行為に時効があるのかというと、結果から言ってしまうと存在しています。
浮気や不倫を行ったパートナーに慰謝料や損害賠償請求を行う際の時効は3年です。パートナーがご自身以外の第三者と最後に性交渉を交わしたときから3年以内に慰謝料を請求しなければ、昔の話だという判断がなされてしまい慰謝料などの支払い対象から外れてしまう可能性が高いと言えます。
またパートナーの浮気や不倫が原因ではない、他の理由から離婚を行いその後パートナーの浮気相手や不倫相手が見つかり、結婚当時の肉体関係の証拠も合わせて見つかったという場合は、離婚してから3年が時効となることから3年以内であれば元パートナーとその浮気相手に慰謝料や損害賠償を請求できると捉えておいていいでしょう。
また慰謝料請求の意思があることを元パートナーや浮気相手に対して内容証明などで明示することで、この期限が延ばされる可能性があります。弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談を行なえば、もう切れそうな有効期限を延ばしてもらうことも不可能ではないと認識の元で慰謝料請求などを行ってみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。